我慢をしてはいけない

お金を稼ぐという事は小さい頃から勉強をし、良い大学に行き、緊張とストレスがのし掛かる就活を制し大手の企業に就職して安定したお金を得る事が当たり前だと思っていませんか?

毎朝6時に起きて会社に行き上司に命令されながらも仕事をし、決まって定時には帰れない有様。

定時に帰ろうとすると周りの空気が変わり「なんで先に帰るんだよ」「しっかり仕事をやってから帰れ」というような空気感を出せれていませんか?

そんな職場にいると辞めたくなりますよね?

辞めて良いんですよ。

時間は有限、人生は一度きり!

上司の言う事を聞いてろくな事はありません。所詮上司も雇われている身なので、自由な時間を手に入れたいのであれば独立すべきです。

目標と目的を理解する

目的は最終到達点を示して、目標は目的に達成する為の手段です。

例えば目的を〇〇大学としたら、目標は今度のテストで国語を90点以上の得点にする。クリアしたら次は数学を90点以上にする。というように段階的に目的に近づけられる事が重要です。

なので目標が難し過ぎると挫折してしまいます。かといって簡単過ぎると意味が無いので慎重に選ぶようにしましょう。

貯金より自己投資をする

20代30代は貯金より将来に向けた経験や体験、勉強に使うべきです。

あなたが毎月貯金をしているのは手元にあるお金を視覚的に増やす事でしょう。しかしその行為は将来収入を増やす可能性を下げています。

「100万貯めて海外留学行き英語も学びたい」

「500万貯めて開業資金したい」

こういった明確な理由があって貯金している場合は除きます。

何が言いたいかと言うと貯める事自体が目的の貯金は全く意味が無いと考えています。

明確な目的で貯金をしていたら将来大きなリターンとして帰ってきます。しかしなんとなく貯めているうちに貯金額が自分の支えになり、目的が貯金となるとチャンスを逃すことになります。

現状のままでやりくりしていってお金を積み上げていくより、努力を積み上げていく事が大事です。

コツコツ毎日貯金をしていても収入は変わりません。そんなことをやっているとチャンスを逃してしまいます。

人は安定を好む動物です。100万円があったらそれを下回らないように思い切ったお金の使い方はしないようになります。しかし自分を成長させるには行動を起こし、未体験の経験をし成功や失敗が必要になってきます。貯めてきた資産を本当に自分の物するには自己投資が不可欠です。

人生を変えたければ行動あるのみです!

 

おすすめの記事