こんにちは、Seiyaです^ ^

先日上海モーターショー2019で全世界初公開の「LEXUS LM300h」がお披露目となりました。

多くの車好きから注目を浴びているのでネットでは賛否両論がありますので、紹介していきます。

第一印象

初めてみた印象はアルファード/ヴェルファイアの顔面を変えただけと思いました^_^;

でもレクサスの特有のスピンドルグリルの形状がとても美しいと感じました。もはや芸術。

エクステリア

フロントはレクサスを象徴するスピンドルグリルに加え、流れるようなクロームメッキのアクセントを用いてダイナミズムに演出しています。サイドボディには高級感を醸し出す“デュアルアローヘッドクローム”のオーナメントを装着して、サイドビューを際立たている。

ヘッドライトは独特な矢の形状でシームレスなデイタイムランニングランプを内部に組み込みこまれている。リアのLEDランプは幅いっぱいに広がる存在感のあるワイドレンズを採用。

内装

特徴的な4人乗りのインテリアは、前席と後席の間を26インチカラーディスプレイを備える仕切りで区切り、後席は容量約14Lの冷蔵庫や傘の収納、タッチコントロールパネル付きのセンターコンソールなどを採用して“究極の快適空間”としてデザインされた。

ロイヤルラウンジとの差別化

2015年1月にデビューした現行アルファード/ヴェルファイアのトップグレード「エグゼクティブラウンジ」をベースとして、トヨタモデリスタがカスタマイズカーとしてさらに豪華な仕様に仕立てた「ロイヤルラウンジ」が存在するのはご存知でしょうか?

そのロイヤルラウンジのレクサス版と思ってもらうといいでしょう。

大まかな違いはありませんが以下のものが画像からは確認できました。

変更点

・24インチから26インチディスプレイに拡大
・スピーカーが「JBL」から「マークレビンソン」に変更
・ディスプレイ上部にアナログ時計が埋め込まれている
・ディスプレイ上部にあるパーテーションが稼動式になった
・アームレストにあるスイッチパネルの変更

ロイヤルラウンジの価格は1530万5760円〜1577万9880円なのでLM300hはそれ以上の価格になるのは間違いないでしょう。

社長や投資家などの富裕層がこぞって買いにいくビジョンが見えます(笑)

まとめ

僕はミニバンにあまり興味がありませんが、アフィリエイトで成功して金持ちだったら買うかもしれません。

今回紹介されたのはLMの最上級グレードなので、3列目が備えられたグレードもあるみたいなので今後がとても気になります!

日本での販売は未定ですが、レクサスの人気車両になるのは間違いないでしょう。

 

 

少しでも興味が湧きましたらご連絡ください。

記事に関する感想や質問、些細な事でも結構です。お待ちしております(^ ^)

LINE@はこちら

LINEID:@ear5144g

スマホの方はワンタップで追加できます^ ^

パソコンの方はQRコードを読み取り追加して下さい。

友だち追加

おすすめの記事