こんにちは、Seiyaです^ ^

今日も自由人になる為の考え方を書いていきます。

皆さん「タイムイズマネー」という言葉をご存知でしょうか。日本語に訳すと「時は金なり」です。

時間はお金に並ぶとても貴重なものです。少しでも有意義な時間を過ごそうとしてもなかなか難しいですよね?

勉強しようと意気込んでもスマホをいじったり、掃除をしようとしてもなかなか動けなかった経験はあると思います。

そこで今日は時間活用術を教えます!

僕も仕事でやる事なのでぜひ取り組んでみてください。

時間活用術

やる事を書き出す(リスト化する)

やる事がいっぱいだと何からやっていいか分からず、なかなか手が付けられないことありませんか?たとえ取り掛かっても他の仕事に目移りして集中できなかった。

そんな時は紙などに書きリスト化しましょう!

これをするだけでも頭の整理がつき、やる事が明確になります。

今はiPhoneのデフォルトで入ってるアプリ「リマインダー」で書き出すと便利です。

マルチタスクよりタスクシフトをせよ

たまに上司とかで取引先と電話しながらパソコンで作業したり、資料に目を通したりしている人見ませんか?

一見すると効率がいいと思いますが実は脳・身体にとても負担を掛けています。人間の脳は複数のことを同時に処理することは苦手としていて、生産性は40%低下することが証明されています。

なので僕はタスクシフトをお勧めします。

タスクシフトとは
前もって決めた時間で定期的に作業を切り替えること

時間の決め方はあまり長すぎると、集中力がなくなって意味がなくなるので少し短いぐらいがちょうどいいです。

人間の集中力は15分が限度と言われそれ以上は徐々に低下していきますので、長くても30分にしましょう。

もし時間内に終わらなかった場合でも必ず切り替えてください。

具体例を言います。

  1. メールの返信をする
  2. 精算書を作る
  3. 企画書を書く
  4. 会議の資料を読む

上記の4つの仕事があるとします。

①から順に30分区切りで取り掛かり全て終わってなかったらまた①から取り掛かります。

2周目は③が終了したけど残りが終わってない

そしたら

  1. メールの返信をする
  2. 精算書を作る
  3. 会議の資料を読む

このようにタスクシフトのループをすることにより、脳は次に何を何時までやるか決まっているので「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」とパニックにならなくなります。

生産性も上がるので取り入れるべきです!

外注をする

人に頼むということです。

今は「家事代行」「引っ越し代行」「宿題代行」「行列代行」など様々なサービスがあります。

このようなサービスを利用して時間を作り、自分しかできない事をやる。

「贅沢してお金の無駄だよ!自分ができることはやったほうがいい!」と思ってしまったら、今後の人生においても幅が狭くなってしまいます。

時間をお金で買う感覚を覚えれば行動の選択肢は増える。

アメリカ前大統領のオバマは「朝食のメニューを決める人」「洋服を決める人」を雇っていて、少しでも時間を有効に使いたく、メニューや洋服を選んでいる暇があるならお金になる行動・趣味に徹したほうが時間を有意義に過ごせる。

オバマ前大統領はとても時間を大切にしていることが分かる。

金持ちでないと厳しいですが、少しのことでもいいので時間をお金で買う感覚を身につけていきましょう。

優先順位を付けて無駄なものを省く

優先順位を決めるときに一番有名な方法は「重要度」「緊急度」で分ける方法ではないでしょうか。この方法は、「重要度の高いものと低いもの」と「緊急度の高いものと低いもの」の2軸で仕事を別けるというものです。一般的に以下の順番で優先順位を決める方法がお薦めされています。

  1. 重要度が高く、緊急性の高い仕事
  2. 重要度が低く、緊急性の高い仕事
  3. 重要度が高く、緊急性の低い仕事
  4. 重要度が低く、緊急性の低い仕事

このように順位付けが出来たら最後の4番は「この仕事は本当に必要なのか」「自分がやる必要があるのか」と思ってくだい。無意味な仕事は極力避けて時間を有効活用しましょう!

やらないことも大事!

どうしてもやらなくちゃいけない場合は、前の項目でも伝えた外注を頼むと良い。

最後に

いかがでしたか?

自分にあった方法で時間を有効活用して、大いに役立ててください^ ^

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事を見て少しでも興味が出たらご連絡ください。

記事に関する感想や質問、些細な事でも結構です。お待ちしております(^ ^)

LINE@はこちら

LINEID:@ear5144g

スマホの方はワンタップで追加できます^ ^

パソコンの方はQRコードを読み取り追加して下さい。

友だち追加

 

おすすめの記事